部屋が汚くなりがちなMBTI性格タイプとその対策とは?

皆さんは「MBTI」と「部屋の片付け」に関連があると考えたことがありますか?

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、性格タイプを16種類に分類するテストで、これに基づいて部屋の片付け方や掃除の傾向が変わることがあります。

特定のMBTIタイプは、特に部屋が汚くなりやすい傾向があります。

この記事では、部屋が汚くなりがちな性格タイプとその対策について詳しくご紹介します。

INFP: 理想主義者の部屋が散らかる理由

「私の友人でINFPの人がいるんだけど、彼女の部屋はまるで創造的なカオス状態。好きなことに没頭するあまり、片付けが後回しになっちゃうんだよね。例えば、彼女は絵を描くのが大好きで、キャンバスや絵の具が散らかりっぱなし。でも、本人はそれを全く気にしないみたい。」

INFPタイプの人は、夢見がちで理想主義的な性格を持っています。

このタイプは、クリエイティブなプロジェクトや趣味に没頭するあまり、部屋の片付けが後回しになりがちです。

INFPのための片付け対策を見ていきましょう。

小さなタスクに分ける

大きな片付け作業はINFPにとって圧倒されがちです。例えば、一気に部屋全体を片付けるのではなく、今日は机の上だけ、明日はクローゼットの中、といった具合に小さなタスクに分けることで、少しずつ片付けを進めることができます。

私の友人も、この方法を取り入れて、少しずつ部屋が整頓されてきたようです。

楽しい要素を取り入れる

片付けを楽しくするためには、自分にとって楽しい要素を取り入れることが大切です。

例えば、彼女はお気に入りの音楽をかけながら片付けをすることで、作業がスムーズに進むようになりました。

音楽だけでなく、片付けの合間に自分へのご褒美を設定するなど、モチベーションを維持する工夫も効果的です。

視覚的に整理する

INFPは視覚的な刺激に影響を受けやすいので、視覚的に整理整頓する方法もおすすめです。

例えば、色分けされた収納ボックスや、ラベルを貼った引き出しを使うことで、どこに何があるかを一目で把握できるようになります。

私の友人も、カラフルな収納アイテムを取り入れたことで、片付けが楽しくなり、部屋の整頓が進みました。

感情に寄り添う片付け

INFPは感情に深く共感するタイプなので、物に対する感情も強いことがあります。

そのため、片付けを進める際には、自分の気持ちに寄り添いながら行うことが大切です。

例えば、「これは本当に必要なのか?」と自問自答し、物との関係性を見直すことで、不要な物を手放すことができるようになります。

ENFP: 自由奔放な創造者の片付けの悩み

「ENFPの友達がいるんだけど、彼の部屋はまるでアイディアが溢れ出す泉のよう。新しいことに夢中になるから、片付けはいつも後回しなんだよね。例えば、彼は一度に複数のプロジェクトを進めるから、どこを見ても何かしらの作業が進行中なんだ。」

ENFPタイプの人は創造性に富み、自由な発想で物事を進めるのが特徴です。

彼らの片付け方は独自のルールやスタイルに基づいていますが、それが原因で部屋が散らかりやすくなります。

ENFPに効果的な片付けのコツをご紹介します。

ルーティンを作る

ENFPにとって、自由な発想は大切ですが、ルーティンを取り入れることで片付けを習慣化しやすくなります。

毎日少しずつ片付ける時間を設定しましょう。

例えば、朝の10分や寝る前の10分を片付けに充てることで、日常的に部屋を整頓することができます。

私の友人も、毎日同じ時間に片付けをするルーティンを作ったことで、部屋が以前よりも散らかりにくくなったと言っていました。

視覚的な整理整頓

ENFPは視覚的な刺激に敏感なタイプです。

色分けやラベル付けなど、視覚的に整理整頓することで、どこに何があるかを一目で分かるようにすると良いでしょう。

例えば、プロジェクトごとに色分けされたボックスを用意し、それぞれのボックスにラベルを付けることで、必要なものをすぐに見つけることができます。

私の友人も、この方法を取り入れてから、プロジェクトごとの混乱が減り、作業効率が向上したと話していました。

インスピレーションボードを作る

ENFPは常に新しいアイディアを求めているため、インスピレーションボードを作ることも効果的です。

ボードに現在進行中のプロジェクトやアイディアを書き出し、視覚的に整理することで、頭の中の混乱を軽減できます。

また、インスピレーションボードを使って、優先順位を付けることも可能です。

これにより、何を先に片付けるべきかが明確になり、効率的に片付けを進めることができます。

デジタルツールの活用

ENFPはテクノロジーに親しみやすいタイプでもあります。

デジタルツールを使ってタスク管理を行うことで、片付けを効率的に進めることができます。

例えば、スマートフォンのアプリを使って、片付けるべきタスクをリストアップし、リマインダー機能を活用することで、忘れがちな片付け作業を確実に行うことができます。

私の友人も、デジタルツールを活用することで、片付けのモチベーションが向上したと言っていました。

ENFPの自由奔放な性格を生かしつつ、効率的に片付けを進めるための工夫を取り入れることで、快適な生活空間を維持することができます。

自分に合った方法を見つけて、片付けを楽しみましょう。

ESFP: 社交的なエンターテイナーの片付けの課題

「ESFPの親友がいるんだけど、彼女はいつもイベントやパーティーに夢中で、片付ける時間が全然取れないみたいなんだ。例えば、週末になると必ず友達を呼んでパーティーを開くんだけど、片付けは後回し。結果として部屋が散らかりっぱなしになってるんだよね。」

ESFPタイプの人は社交的でエネルギッシュな性格です。常に新しいことに挑戦したり、友人と過ごす時間を優先するため、部屋の片付けが後回しになることが多いです。

ESFPのための片付けアドバイスをお伝えします。

短時間の片付けを取り入れる

長時間の片付けは苦手なESFPにとって、1日5分の片付けを習慣化するだけでも効果的です。

例えば、朝起きたときや寝る前に5分だけ片付ける習慣をつけると、部屋が散らかりにくくなります。

私の友人も、この方法を取り入れることで、部屋が以前よりも整頓されるようになりました。

片付けのパートナーを見つける

友人や家族と一緒に片付けをすることで、楽しく片付けができます。

例えば、パーティーの後に友達と一緒に片付けをすることで、楽しい時間を過ごしながら部屋を整頓することができます。

社交的な性格を生かして、一緒に片付ける時間を作りましょう。

私の友人も、友達と一緒に片付けをするようになってから、部屋がきれいに保たれるようになりました。

音楽をかけて楽しく片付け

ESFPは楽しいことが大好きなので、片付け中に音楽をかけるとモチベーションが上がります。

お気に入りの曲をプレイリストにして、片付けの時間を楽しみましょう。

音楽のリズムに合わせて体を動かすことで、片付けが一層楽しく感じられるはずです。

視覚的に整理する

ESFPは視覚的な刺激に反応しやすいため、視覚的に整理する方法も効果的です。

カラフルな収納ボックスや、デザイン性のある収納家具を使って、見た目も楽しい整理整頓を心がけましょう。

私の友人も、カラフルな収納アイテムを取り入れることで、片付けが楽しくなったと話していました。

タイマーを使う

片付けの時間をタイマーで区切ることで、短時間で効率的に片付けをすることができます。

例えば、キッチンタイマーを使って10分間だけ片付けをすることで、集中力を高め、短時間で多くのことができるようになります。

この方法は、ESFPにとって非常に有効です。

ESFPの社交的でエネルギッシュな性格を生かしながら、効率的に片付けを進めるための工夫を取り入れることで、快適な生活空間を維持することができます。

自分に合った方法を見つけて、片付けを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました